ドラッグ&ロックン・ロール

音楽活動報告、よく思考のまとめを行います

人との向き合い方や役割を見誤った話

(これは自分に向けた仕事の話です。)

 

監督責任、管理責任、地域連携、保険点数、売り上げを上げる事

 

今日はオーナーと話し合った。

 

僕は、何かあった時に僕が全て責任を取れるように、システムを構築しようと躍起になった。

 

コロナ禍で、地域連携に参画しようと重点を置いた。

 

現場に人手が必要だから、新しく人を雇う算段を立て、

 

経費の使い方を見直し、無駄を省き、売り上げが立つように設計し、従業員に還元できるシステムの基礎を作ろうと

 

躍起になっていた。

 

その結果、ストレスが溜まり、人相が変わり、重圧に耐えるので精一杯になり

 

その後ろ姿を見た従業員は、1人、良い意味で変わり始めて人もいたけれど

 

そのかわり、僕が仕事を抱えすぎたせいで、僕の時間もなくなり、従業員とコミュニケーションをとる時間が取れなくなっていった。

 

僕は1人で仕事をしているんじゃないだろう。

 

なのに何故、こうなったんだろう。

 

僕はもっと人とよくコミュニケーションを取る時間を持つ方が良い、そんな気がした。

 

目を見て話す時間が、ずいぶん減ったなぁ。

 

皆僕の仕事量を見て、気を遣ってくれてるのがわかった。

 

それは1番良くない管理者だとふと思った。何かあった時に何か話せなければいけない。

 

ずっと現場で傭兵をやりすぎたせいかもしれない。

 

従業員を大切に思ってたつもりで、実は本質的にズレていたと、反省する夜。