ドラッグ&ロックン・ロール

音楽活動報告、よく思考のまとめを行います

深夜高速では途中下車はできない

前に、ほったらかし温泉という所に連れて行って貰った時の話。

 

明け方に車で高速道路を通り向かった。

 

車内では色々な音楽をかけていたけれど、頭の中で流れていた音楽は別にあった。

 

フラワーカンパニーズの「深夜高速」

 

自分の置かれてる環境からリンクして、安直な発想で頭に流れてきた

 

この歌には、リフレインするサビの歌詞がある

 

生きてて良かった

 

そうバンドは繰り返し耳元に訴えかけてくるわけだが

 

ここ最近そう思った事、あったかな。

 

既視感のある富士山と言う山も見た。何度も見た。

 

温泉だって何度も入ったことはある。

 

けれども、何かこの日は色々と違った気がする。

 

確かこの日は、めっぽう機嫌が悪かった。

 

 

 

 

f:id:ryomasahiro:20210521132600j:image
f:id:ryomasahiro:20210521132604j:image

f:id:ryomasahiro:20210521132557j:image
f:id:ryomasahiro:20210521132553j:image
f:id:ryomasahiro:20210521132550j:image

 

 

そして、何かに途端に救われた日だったっけか。

 

 

 

 

 

去年の暮れか、今年の頭

 

フラワーカンパニーズ/深夜高速のファーストテイク動画がアップロードされていた。

 

https://youtu.be/Ihjr5Xz31sI

 

原曲とは違う穏やかな中に強く燃える意思を垣間見た気がする

 

とても素晴らしかった。けれども、些かここ最近の情勢に引っ張られた演奏だった様に思えて

 

僕は原曲を聴いた。

 

原曲は、爆発する命のエネルギーと深い葛藤、丸裸の魂を感じる。

 

そして、今の世の中に引っ張られる事なく、当時の気持ちで、フラットな感覚で、聴く事ができる。

 

 

オススメです。

 

https://open.spotify.com/track/0K8obEqjQIE5p7Dx6KDVWM?si=xWJfd50KS_WuM6JYKEkn-g

 

 

生きてて良かったと思える事は、

 

 

死にたくないなと言う事の対比なのだろうか?

 

はたまた同じ事なのだろうか?

 

 

 

死にたくないなと言ううっすらとした感覚は時折大きな波となり押し寄せる様になった世界情勢だけど

 

それとは一旦区別してフラットに自分に問いかける時間だったと思う。

 

 

そして

 

この二つは全くの別物に感じている。

 

はたしてこの先、生きてて良かったと思う事が出来る生き方をできるのかと、この日は考えていたと記憶してる。

 

当たり前の様で、

 

実は意外と当たり前ではないこの感覚。

 

リョウマサヒロ