ドラッグ&ロックン・ロール

音楽活動報告、よく思考のまとめを行います

よく分からない頭の中2

今日というかここ最近は本当に色々な事をやむを得ず考えなければならない

 

前考えていた内容についてなど再び再興する余地なく、とは言え気付けば頭はそっちに引っ張られるのですけれど、直近で試行錯誤実験検証をしとかないといけない事が山ほど。

 

今日も今日とて、なかなかたくさんの事を考えていたのでここ最近のをまとめて

 

 

また別の方法で二つに分けて分類してみました。

 

 

分けて分類という言葉の使い方はおそらくおかしい

 

 

 

1.ポジティブな内容として考えていた事

 

・保健調剤における売上のベースアップが見込める課題のクリアのカリキュレーション

 

・精神科薬物療法認定薬剤師の取るまでの過程

 

・服薬指導で出てきた方法論

 

・鬱、双極性障害に対する服薬指導の中の患者さんへの薬のイメージ化の方法の確立

 

PCR検査無料化事業の事業拡大の方法

 

・リズムの構築、アフリカの子供達のような無邪気で踊れる感覚をレコーディングしてトライ&エラー

 

バスドラムのフロントヘッドに穴を開けてみての改善点

 

・ドラムセットに合いそうなドラムヘッドの検討と購入まで

 

参院選について

 

・早く会いたい人に会いたい

 

・旅行行きたい

 

 

2.やむを得ず考えなければならなかった内容(ネガティブな動機で考えた事)

 

・知人から公明党創価学科のプレゼンを受けてウザいながらも考えた事

 

・空気の読めないアノコ

 

・おいおいおいおい仕事でしょwww

 

・業務上しなければならない説教というか指導

 

・代表からの社員に対する指導要請

 

・毎日の夕飯のレパートリーに飽きてきたなに食べよう

 

・洗濯機がなくなったけど何買ったら良いか分からない

 

・電子レンジないのそろそろキツい

 

・睡眠時間やべえ

 

 

 

ポジティブな動機の内容と、ネガティブな動機の内容

 

いったい何対何くらいの割合が1番バランス取れるのでしょうか?

 

 

ネガティブな方が心が引っ張られやすいと思うけど、コレを加味したら大抵理想は7:3

 

ネガティブは大抵、ほったらかすと後々碌な事がないですよね。

 

それはわかってるからこそ、実際は問題をほったらかしにするリスクを考えてしまいます。

 

 

よって実質逆転して3:7です。

 

 

もう少し考えるのが得意であれば良かったのだけど

 

実際には考えてるよりも何かしら行動してる時間の方が長くなりがち(というかチンタラ考える時間は残念ながら、ない…)

 

 

しかし実は立ち止まって考える時間の方が大切な場面もありますよね。

 

 

その線引きってみんなはどうやっているのだろうか?

 

 

リョウマサヒロ