ドラッグ&ロックン・ロール

音楽活動報告、よく思考のまとめを行います

外伝7 "逆メンター制度"とかいうクソみたいな制度の話

この間、逆メンター制度(リバースメンタリング)という意味のわからない制度が今世の中で試されているという話を聞いた。

 

なんでも、CEOや幹部クラスが、新入社員やインターン生に教えをこう、制度らしい。

 

 

クソ馬鹿げてるなと思った。

 

 

例えば俺は

人並みにドラムが叩けるのに、地道にコツコツとただやってるだけで、

 

未だフォロワーは1700人だ。

 

そもそも論、地道にコツコツやってれば人がついてくると錯覚してる。

 

つまりこのリバースメンタリングの何がクソかって

 

 

こんな名前をつけなければ、若い人から俺たちは学ぶことすらできないと思われてる事。そんな俺たちの世代ないしは俺たちより上の世代の頭の硬さが露呈したクソ制度

 

だと思ったという事。

 

 

生まれて、多感な時期に既にSNSがあった世代は、ネットで人を集める手法や、1週間とかそこいらで変わっていく流行をリサーチするスキルが当たり前の様にある。

 

個人の趣味や生き方としては

 

流行に乗るのに一生懸命で次から次へと物を買っては捨てるのは馬鹿げた行為だと俺も思うけど

 

 

ビジネスにおいてはこれを出来ない幹部クラス、責任世代が足を引っ張ってるなと、自分含めてめちゃくちゃ反省する毎日だ。

 

 

仕事のやり方は俺たちが教えれば良い

 

 

しかし

 

世の中の流れやニーズ

 

若者の感覚や、俺たちより天然で秀でたSNS運用の才能の部分

 

オンライン化に対する忌避感のない若い人の感覚

 

 

これらは、

 

 

やはり学ぶ姿勢を俺たち世代が率先して持たなければいけないと思った。

 

 

逆メンター制度(リバースメンタリング)

 

 

 

こんな名前をつけないと若い人から学ぶことすらできないと思われてる責任世代の恥晒し制度として

 

 

甘んじて受け入れようと思った。

 

 

 

 

 

それと同時に

 

 

時代を逆行する哲学のかっこよさもまた

 

磨き続ける必要があり、大切にしていこうとも確信した

 

 

 

 

実にハイブリッドな時代が来てしまった。

 

 

リョウマサヒロ